【格安!】ご飯が美味い1万円以下(夏以外)のおすすめゴルフ場【栃木県】

おすすめ

ゴルフしたいけど安くて、きれいで、ごはんがおいしくて〜…。

そんなところないよなぁ〜。

ありますよ!しかもなんとお昼はバイキングの場合も!幸せすぎる。

実際に行った感想を交えてご紹介いたします!

ご飯が美味しくて1万円以下のおすすめゴルフ場

今回ご紹介するのは、栃木県日光市にあるきぬがわ高原カントリークラブです。

標高1200メートルにあって、大自然を感じながらきれいな高原のリゾートコースを楽しむことができます。おすすめポイントがたくさんあるので、順をおって紹介していきますね!また、行く際の注意点も解説いたします。

下記のまとめから飛べるので気になるところから見てみてください♫

まずは、おすすめポイントから!

次は、行く際に注意すべき点です!

格安ゴルフ場の料金について

1番気になるのはここですよね。まずは、結論から行きましょう!

ここは、季節にって値段が変わるので、要チェックです!

 土日祝日(昼食付き)を抜粋しています!平日だともっと安いです!

4月  7000円

5〜6月 8000円

7月〜8月 9000〜10500円

9月 9500円

10月 8500円

11月 7000円

きぬがわ高原カントリークラブ公式HPより

上記の料金は、実際行ってみるともっと安く感じます。ゴルフ場のサービスの高さが料金を安くさせてくれるようです!

その理由をこの先で紹介しているので、よかったら読み進めてくださいね。

大自然を満喫しよう

あいにく曇りでした。曇りの写真(同伴者込)で申し訳ないです。

やはり大自然に叶うものはありません。

打ち下ろしのコースが何箇所もあり、運が良ければ雲海もみえるそうですよ!

鹿やリスなどもいるようで、顔を出してくれることもあるようです。

証拠にコースにたくさん糞が落ちています笑 かわいいです。

クラブハウス内に写真がたくさん飾ってあったので、見てみてください(^^)

名物グリーンに挑戦しよう

全ホールのグリーンに手入れが行き届いていてグリーンの綺麗さがとっても印象的でした。

8ホール目(?)には、生まれ変わった名物グリーンもあるので、ぜひ挑戦してみてください!

ちなみに、全体的にグリーンが速かったです。主観ですが。何回も往復してしまいます。

なので、パター練で、力加減の確認をすることをおすすめします!

名残惜しくなるくらい美味しいごはんを堪能しよう

なんといってもオススメはバイキングです!

ここは、日によってミニバイキングアラカルトメニュー(単品)が変わります。

当日どちらかは、ゴルフ場に問い合わせにて確認できるようです。

フルバイキングはコロナで中止していたようですが、合わせて確認してみてください(^^)

バイキングの個人的感想まとめ

・チェーンの食べ放題ではない本格的なこだわりの味だった

・かつおやローストビーフなどホテルバイキングのようなメニューが楽しめた(日による)

・しっかりドリンクバーがついていて嬉しかった

・レストランからの景色がとても綺麗でゴルフに来たことを忘れた

・デザートの種類が豊富でフルーツから笹団子、ケーキまで幅広かった

おいしかったです・・。

服装に注意しよう!

忘れては行けないのが標高が1200Mというところですね。

うっかり2回とも忘れて薄着でいってしまったので(いや学べ)、2回ともゴルフ用かっぱを着ました;;

自分の住んでいる地域が暖かくても念の為上着など持っていくことをおすすめします。

ちなみに、私の住んでいる地域(群馬の平地)とは10度以上気温が違いました!※参考までに

アクセスを確認しておこう!

東京方面から行く場合は日塩もみじラインを通る方もおおいと思います!

急カーブが続く道ですので、山道の運転に不安がある方は事前に確認しておくことをおすすめします。

30分くらいはくねくね道を運転することになると思いますので念の為(;_;)

11月は雪に注意!

私のインスタのストーリー写真

去年の11月の写真です。写真がなく動画のスクリーンショットで申し訳ありません。

向かう途中から雪が降り出し、コース終盤では、グリーンが真っ白でした!

標高が高いため、11月から雪が降る日が発生するようです。

予約サイトでも、雪が降る可能性の情報発信や、シーズン終了割引など行っていました。

温かい格好で行くことをおすすめします! また、ゴルフ場からの情報や天気はしっかり確認しないとだめだね!(^^)と何回も思ったので共有しておきます♫

まとめ

いかがでしたでしょうか?これから行かれる方は、情報をしっかり確認の上たのしんできてくださいね!

私もまた行こうと思います!

ここまで読んでくださってありがとうございました。

それでは、また。

コメント